生産技術担当

前職業種:2016年新卒採用

職責への誇り。プレッシャーさえ心地よい「やりがい」

私は、シーヴイテック九州の九州生技Gに所属しています。生産準備や、設機の改善、生産設備の不具合への対応が私の主な職務です。新規商品や増産の計画において、その生産能力を十分に満たすための設備を整えること。それらの設機に対する品質、コスト、効率を常にレベルアップする業務。そして、万が一トラブルが発生した場合の問題解決。これらのミッションにもれなく対応するために、日々心地よいプレッシャーとやりがいを感じています。

現場からの「ありがとう」が、私にとって最高の果実

私の職務上、クライアントは「現場の作業者」です。彼らが使いやすい設機、仕事のやりやすい稼働環境を作り上げることが、私に課せられた使命ですから、現場の生の声は何より貴重なものです。「フォーマットが使いにくいなぁ」と相談を受け、試行錯誤の末の改定を成功させたとき。「検査機が動かない!」という急なトラブルに、冷静に設定値を見直して、稼働再開させたとき。思い返せば、どれをとっても「ありがとう!助かったよ!」という言葉が私の達成感を膨らませました。“現場の役に立っている”という自負が、私の最高の果実。ひいては、この達成感が、最高のものづくりに繋がるのだと信じています。

前述したような「もの言いやすい社風」こそ、シーヴイテック九州の素晴らしさです。ときに、現場から厳しい指摘も受けますが、それも私にとっては財産。素直に受けとめ、改善を試みることができるのも、他部署との連携力、信頼の強さの証です。
部署の垣根を超えて、協力体制をさらに強固にしながら、各工程のエキスパートになることが私の目下の目標です。そして、グループの中軸を担い、後輩の手本となるべく、日々研鑽を積んでいきたいと考えています。

 

    

    

    

    

to-pagetop
to-interview-index

採用情報

企業情報

製品紹介

Copyright © CVTEC KYUSHU Co.,Ltd. All Rights Reserved.